雑多庵 ~映画バカの逆襲~

管理人イチオシの新作映画を紹介するブログです。SF、ホラー、アクション、コメディ、ゲーム、音楽に関する話が多め。ご意見・ご感想、紹介してほしい映画などあれば「Contact」からメッセージを送ってください。あと、いいお金儲けの話も募集中です。

アニメの楽しさってなんだと思います?

いろんな意見があると思うんですけど、僕がアニメを見るときに楽しみにしているポイントとして「トリップ感覚」があるんです。

いや、別にクスリやったことはないっすよ笑 でも、盛り上がっている時に「フゥゥゥ~ッ!」ってなりません?
えっ、それはない!?まぁ、なんとなくは分かるでしょ?要は閾値を超えて昇天する感覚ですよ。

広告


アニメのトリップ感覚って、絵が動いて形が変わったり、空間がねじれたり、色彩が変化していくことでの高まっていく感覚なんです。絵に加えて音楽も加わって一度に浴びる情報量がどんどん増えていく、情報処理能力を超えてくる、もしくは処理の限界ギリギリになることでのトリップ感ですよ。以前書いた板野サーカスはこのトリップ感を味わうにはうってつけです。

そこで(どこで?)「日本アニメーター見本市」ですよ。

庵野秀明監督が立ち上げたスタジオ・カラーとドワンゴの川上量生会長とで始めた企画でして、7,8分程度の短編アニメーションを連続して無料配信するもの。

内容はクリエイターに委ねられているので、皆さん個性全開かつ、エロやバイオレンスも含めて自由な表現を追求している印象です。現在35本作られていますが、エヴァンゲリヲンの二次創作やら、ザ・ウルトラマンのアニメ化のような原作ものもあれば、完全オリジナルな独特なものも色々。共通しているのは、作り手の頑張りがものすごく伝わってくること。そして、アニメのトリップ感覚が味わえるものがたくさんあること。TVアニメは時間・予算、内容の制限など「大人の事情」による妥協が多いのだそうですが、アニメーター見本市では極力妥協のない表現の追及が成されているので、どれもハイクオリティ。しかも無料ですよ!とりあえず観とけって!

どれもいいのですが、ゲーム好き的には16話の「月影のトキオ」のシナリオを須田剛一さんが手掛けているのが注目ポイント。あと、「天元突破グレンラガン」の今石洋之監督は14話「SEX and VIOLENCE with MACHSPEED」グレンラガンのテーマである「ドリル」的なものを過激に描きなおしています。どれから見ても問題ないので気になったものから見ればOK。

配信は11月23日までなんだそうなので、気になる人はここからすぐにチェックを!
ダウンロードなしのストリーミングですぐに観られます。

↓ランキングに参加しています。クリックで応援よろしく!
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村
スポンサードリンク


コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット

トラックバック