雑多庵 ~映画バカの逆襲~

管理人イチオシの新作映画を紹介するブログです。SF、ホラー、アクション、コメディ、ゲーム、音楽に関する話が多め。ご意見・ご感想、紹介してほしい映画などあれば「Contact」からメッセージを送ってください。あと、いいお金儲けの話も募集中です。

明けましておめでとうございます。
毎度おなじみ、映画ベストテンの紹介です。 

いやー、2016年は豊作で選ぶのが大変だった。
フルタイムの仕事をしているのでなかなか本数は見られませんでした。

基準は完全に私の主観。
映画のベストテンなんてどうせ個人の趣味・趣向によるものですから絶対的な基準などありません。
ただ、独断と偏見に基づいてはいるものの、なぜこの映画なのかの理由は説明が出来ます。
与太話と思って穏やかな気持ちでみてくだせぇ。 

ちなみに選んだものは2016年に日本で劇場公開された新作映画から選びました。

広告


1位
『この世界の片隅に』
 いろんな人がナンバーワンに選んでいますが、私もこれ。戦争映画好き、アニメ好きとしてその両面から見て見事な傑作でした。膨大なリサーチに基づく丹念な生活描写、細かく芝居つけることに拘ったアニメーションの表現の豊かさ(冒頭の海苔の箱を背負う一連の動きは繊細な芝居に拘ることの決意表明だと思います)、ミリタリー度を高めるリアルな音響効果、無駄を一切省いたキレのある編集、原作を絶妙にアレンジした脚色の妙など語るべきところは本当に多いのですが、今回は割愛。エンタメ度が非常に高く、日本の戦争映画にありがちな説教臭さはないので、見て後悔することはまずありませんし、説明的な部分はほとんど省かれているため、観るたびに発見のある作品です。原作を読むと分かりにくい部分(周作さんの帳面の端が切られている理由とか、結婚式の場でご飯を食べなかった理由とか)の多くは解明できますが、映画のどこにヒントを散りばめているのかを確かめるのも面白いと思います。

2位
『ハードコア』(原題:Hardcore Henry)
カナザワ映画祭の日本プレミア上映で鑑賞。公開は4月とずいぶん先ですが、おすすめです。
全編をFPSな主観視点の画面で構成し、バイオレンス度の高いアクションを連発、ゲーマーのツボをついた爆笑ネタ満載、クライマックスのQueen「Don't Stop Me Now」をバックに繰り広げられる大乱闘など大いに楽しませてくれます。『第9地区』でエビ星人になったり、『エリジウム』で超強いニンジャを演じたり、『チャッピー』の中の人だったりした曲者俳優シャールト・コプリーの七変化にも要注目です。

3位
『さいなら、BAD SAMURAI』
カナザワ映画祭期待の新人監督賞受賞作。カナザワで見逃していたものをようやく映画美学校祭で鑑賞。
自主映画なので、観る機会はほとんどないと思いますが、これは傑作でした。映画学校を出たものの、映画の仕事があるわけでもなく、120万の借金をして作った映画は激安なAVまがいのエロ映画。上映会をやってもだれも見に来ないどころか出演者に怒られる始末、、、そんな自主映画残酷物語をコメディとしつつも凄まじい切なさをこめて描いたのが本作。爆笑はするのだけど、その直後に他人事とは言い切れない部分もあるので同時に泣けてくるのです。監督自身が主演していることもあって実録ものにしか見えなくなってくるのがさらに切ない。他の上映作品と比べて圧倒的に汚い映像だったけど(この汚さがまた切ないんだ・・・)、一番面白かったと断言できます。

4位
『ディストラクション・ベイビーズ』
暴力だけで映画は構成できるかを挑戦したような純粋暴力映画。
ただ乱闘しているようでも、きちんと映像的に映えるアクションになっている点もすごい(アクションコーディネーターは園村健介さん)。

5位
『無垢の祈り』 
あまりにデンジャーな内容のため自主映画でしかできなかった平山夢明原作の傑作。
家庭内暴力の描写が容赦なく、子どもへの性的虐待に関する描写もあるために観るときには覚悟が必要。ラストも強烈。ただ、下品な感じはそれほどなく、映像表現としての美しさもある(世界の底を観る感覚は消えないが)。自転車で川崎の工場地帯を駆け抜けるシーンの解放感が素晴らしかった。腐りきった世界で少女が救われるのはこの瞬間だけなのだと思うとつらいものがあるが。

6位
『君の名は。』
まさか新海誠の映画がここまで売れるとは・・・
ベストオブ新海誠な勢いで、映像的・感情的な波状攻撃にただただ圧倒されてしまった。超一流のアニメーターによる一流の動き、新海誠の美しすぎる背景・撮影、細かなカットを重ねる密度の高い編集で、物語の整合性など吹き飛ばす!2016年一番元気のある作品。新海作品特有の苦さ、切なさも十分にある。

7位
『SHARING(ロングバージョン)』
3・11以後、震災を経験した人の感覚を直接経験しなかった人が共有できるのか?
それが本作の主題だと思うが、震災や原発そのものを論じるのではなく、大切な人を失う喪失感、いつ訪れるともしれない恐怖といったより普遍的な感覚を映像的に見事に表現し、一級のエンタメ映画になっているところが良かった。

8位
『ダゲレオタイプの女』 
黒沢清監督の初フランス映画。
幽霊ものをフランス人俳優・フランス人スタッフと撮っても、いつもの黒沢映画になっていることに驚いた。むしろ、日本で撮るときよりもらしさが出ている気もした。恐ろしい瞬間もあるが、それ以上に諦められない男たちの切なさが目立つ映画だった。ラストの余韻も印象的。

9位
『シング・ストリート 未来へのうた』
80年代のダブリンを舞台に、好きな子をPVに出すためにバンドを始めた高校生たちを描いた音楽映画。
監督のジョン・カーニーは元ミュージシャン。『Once ダブリンの街角で』の監督として有名です。劇中で主人公たちは当時のヒット曲に(The Cure、デュランデュラン、ホール&オーツなど)に素直に影響を受けたオリジナル曲を演奏するわけですが、それがいい曲なんですよ。しかも、映画自体が、監督の自伝的な内容でもあって、ド貧乏なアイルランドでロックを心の支えに外へと出ていこうとする姿を共感を持って描いているところに、アツいものがあります。監督がミュージシャンなだけに、選曲のセンスもいいし、バンドで練習するときの「今の良いね!もう一回やろうぜ!」って具合に盛り上がる感覚を描くのが本当に上手い。バンドの楽しさが現場の盛り上がりなのだと分かっている監督はエンドロールにも仕掛けを用意しているので最後まで見るべし。映画的に最も盛り上げる主人公の妄想で演出されたPV撮影のシーンが現実と真逆の状況であるがゆえにすごい切ないっていうのもまた泣けた。この映画を立川シネマシティの最高の音で聴けたのも良かった。

10位
『ハドソン川の奇跡』 
旅客機をハドソン川に着水させ、乗客を全員救助したサリンバーガー機長が事故後に判断の安全性を問われた件を法廷劇として映画化。
クリント・イーストウッドの新作はほぼ毎回映画館で見ているのですが、本作はプロフェッショナルな映画を極めたなという印象。尺は100分ぐらいで構成はお見事、出演者も皆さん上手いし、完成度が非常に高い映画です。特にエンディングの粋な締め具合は流石だなぁと。物語としても、適切なタイミングで冷静に仕事を成し遂げる人々が描かれていてプロの仕事とは何かを教えてくれるものとなっていました。プロフェッショナルな物語をプロフェッショナルな映画に仕上げたという印象。


全体的に切ない映画が多いですね。
今年も頑張って見ようと思います。

以下、洋画・邦画別のランキングと2016年に面白かった映画リストもつけておきます。

邦画
1.この世界の片隅に
2.さいなら、BAD SAMURAI
3.ディストラクション・ベイビーズ
4.無垢の祈り
5.君の名は。
6.SHARING
7.アイアムアヒーロー
8.ヒメアノ~ル
9.FAKE
10.貞子VS伽椰子

洋画
1.ハードコア
2.ダゲレオタイプの女
3.シング・ストリート
4.ハドソン川の奇跡
5.サウルの息子
6.オデッセイ
7.エスコバル 楽園の掟
8.手紙は覚えている
9.ノックノック
10.死霊館 エンフィールド事件

・2016年の面白かった映画(一部旧作も含む)
ヤクザと憲法
ブリッジ・オブ・スパイ
サウルの息子
残穢 住んではいけない部屋
ガールズ&パンツァー劇場版 4DX
ヘイトフル・エイト
オデッセイ
エスコバル 楽園の掟
マジカル・ガール
レヴェナント
アイアムアヒーロー
SHARING
ディストラクション・ベイビーズ
ヒメアノ〜ル
デッドプール
FAKE
ノックノック
貞子vs伽倻子
クリーピー
Too Young To Die
死霊館 エンフィールド事件
シン・ゴジラ
君の名は。
聲の形
無垢の祈り
燈火
ハードコア
ハドソン川の奇跡
シングストリート
ガールズ&パンツァー劇場版 LIVE ZOUND版
ダゲレオタイプの女
手紙は覚えている
この世界の片隅に
クラッシャージョウ 4Kリマスター版
ドントブリーズ
さいなら、BAD SAMURAI

※おまけ 今年面白かった色々

・アニメ(テレビシリーズ)
昭和元禄落語心中
ラブライブ! サンシャイン!!
クロムクロ
キズナイーバー
ハイスクールフリート
宇宙パトロールルル子
フリップフラッパーズ
亜人
ユーリ‼︎! on ICE
3月のライオン

・海外ドラマ
Mr.ロボット(シーズン1)
死霊のはらわたリターンズ(シーズン1)
ハンニバル(シーズン2)
ナルコス(シーズン1)
ファーゴ(シーズン1)

・映画のサントラ
「ヘイトフル・エイト」
←モリコーネ御大の堂々とした楽曲が雪山サスペンスを盛り上げまくる!
「君の名は。」
←劇版の部分も含めてかなり良かった。ストリングスのアレンジが秀逸。
「聾の形」
←聞こえない声、届かない心を題材にした映画の作風に空間系エフェクトを効かせた繊細なメロディがマッチしていた
「無垢の祈り」
←サントラは発売されていないけど、オープニングの工場地帯を想起させるパーカッションやエンドロールのバイオリンのメロディがとても良かった
「ハードコア」
←監督自身が作ったエンドロールの曲やQueenを始めとした既成の楽曲の使い方が楽しく、ロック度が高い。
「シングストリート」
←選曲良し、オリジナル曲良しな80sロックアルバム

では、今年もよろしくお願いします!

↓ランキングに参加しています。クリックで応援よろしく!
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村 

スポンサードリンク


コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット

トラックバック