雑多庵 ~映画バカの逆襲~

管理人イチオシの新作映画を紹介するブログです。SF、ホラー、アクション、コメディ、ゲーム、音楽に関する話が多め。ご意見・ご感想、紹介してほしい映画などあれば「Contact」からメッセージを送ってください。あと、いいお金儲けの話も募集中です。

今回紹介する映画はモノクロ、つまり白黒の作品です。白黒と言っても古い映画というわけではありません。2013年に制作されたアメリカ映画でございます

139134730186834480228_nebraska_ver3.jpg



ストーリー
モンタナ州に住むウディ・グラント(ブルース・ダーン)は「100万ドルが当選したのでネブラスカまで受け取りに来てください」という内容のどう考えてもインチキのダイレクトメール(迷惑メールでよくあるアレ)を信じて徒歩でネブラスカまで向かおうとする。もちろん、途中で警官に止められて家に戻されるのだが、ウディはどうしても行こうとする。見かねた息子のデヴィッドは父を車に乗せて二人でネブラスカに向かう。1000キロ以上の道のりを父と二人きりになることはデヴィッドにとって初めてのことで、無口なウディとは気まずい雰囲気。おまけにウディはアルコール依存症の気もあるから厄介だ。そんな状態で父と息子は旅をする。広大な大地が広がり、父の故郷でもあるネブラスカへ

田舎ァァァァァァァ
タイトルになっているネブラスカ州はアメリカのド田舎。牛の方が人間よりも多いんじゃないかというぐらいで、地平線が見えるぐらいに何もない平原が広がっているだけの州です。そんな田舎が舞台なのでこの映画、ほとんどジジババしか映りません!!若者は誰もいないのかと言いたくなるぐらいの田舎っぷりを見ることができます。少々スローで大した盛り上がりもなく、退屈な感じもする本作の雰囲気はこのネブラスカの雰囲気そのものなのです。

まるで日本映画
妙に間のある会話、風景の描写、身近な家族の話などどこかで見たなような感覚があるなー、と思う方もいるかもしれません。その原因はおそらく本作のアレクサンダー・ペイン監督が巨匠、小津安二郎監督を敬愛しているからでしょう。僕自身、最近までこのことを知らずにペイン監督の映画を見ていましたが、知った上で見ると確かに小津作品の感覚がありました。変な映画だなー、と思った方は『東京物語』を見ると納得できるはずです。『東京物語』との共通点は家族の物語であり、モノクロの映画であることに加え、最初に山が出てくるのもポイント。『東京物語』は富士山ですが・・・?

真の勝者とは?
田舎臭いとか、退屈とかつまらなそうなキーワードを並べてしまいましたが、ダメな映画ではありません。後から追いかけてくるウディの奥さんの下ネタを言いまくるシーンは思いがけず笑えますし、その他にもクスっと笑える場面があるコメディとなっています。それだけではなく、父とギクシャクしていた息子が旅を通して父の過去を知り、理解を深めていく展開はラストのちょっとした感動をもたらしてくれます。人生における、真のPrize Winner(賞金当選者)とは誰なのかを分からせてくれるラストは非常に心地いいものでした。当ブログではあまり紹介しないタイプの映画ですが、たまにはこういうのもいいと思いますよ!

スポンサードリンク


コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット

トラックバック