雑多庵 ~映画バカの逆襲~

管理人イチオシの新作映画を紹介するブログです。SF、ホラー、アクション、コメディ、ゲーム、音楽に関する話が多め。ご意見・ご感想、紹介してほしい映画などあれば「Contact」からメッセージを送ってください。あと、いいお金儲けの話も募集中です。

『300』という2007年の映画を覚えているだろうか?
今回紹介する映画は前作から7年もたってから作られた『300』の続編だ。

300-Rise_of_an_Empire-Sullivan_Stapleton-Poster.jpg


本作は続きではあるが、ストーリーは前作と平行して起きている別の戦いについてだ。紀元前480年のペルシア帝国からの侵略に、ギリシャのポリス(ギリシャはポリスと呼ばれる都市国家の集合体だった)のひとつである、スパルタの王が率いる300人の軍勢が100万のペルシア軍に挑んだテルモピュライの戦いを題材にしたのが前作だったが、本作は別のポリスのアテナイの人々が海戦を繰り広げる。

本シリーズ最大の売りは最新のVFXを駆使したバイオレンス度の高いアクション。
CGで作りこむ映画ならではの自由なカメラの動きやスローモーションを駆使した演出はなかなか斬新だった。


今見ても最高にかっこいいレオニダス王の殺りっぷり

7年の歳月とともに技術も向上した続編ではスローモーションを駆使した演出は引き継ぎつつ、エフェクト関連の表現がレベルアップ。特にバイオレンス関連の表現はかなりエクストリームになっており、首チョンパ、足チョンパ、腕チョンパが大量の血糊とともに連発する。バイオレンスへのこだわりとお金のかけ方が素晴らしい。いかに狂った画を見せようかと野蛮な思考を働かせていい大人が考えているところが特に。監督はCM出身の人らしいが、前作の監督のザック・スナイダーがプロデュースしているだけあって、CM出身監督につきものの「ユルいものになるんじゃ・・・」という心配は杞憂であった。監督もきっと変態に違いない。


演出のノリはゲームの『ゴッド・オブ・ウォー』シリーズとそっくりだったりもする

前作の物語的な面白さはモラルを無視した内容や、差別的な表現を臆することなく描いて見せたことに合った。ペルシアの使者が降伏を申し出に来た際に、「我々にペルシア王にひざまずけ、だと?ふざけるな!スパルタ人をなめるな!」と使者を皆殺しにする場面は野蛮な人々の誇り高さと自分たちのルールを無視するものを許さない性質を見事に表した名シーン。


無礼者は殺してしまえ!

女性の存在は薄く、有色人種はほとんど出てこない、障害者は排除、ペルシア王は変態っぽいビジュアルなどといった、最近のメジャーの大作ではありえないぐらいに不平等かつ差別的な描写をしていた前作はモラルで映画を語ろうとする「良識ある人々」にとっては最低でも、純粋にエンタメを楽しみたい人々にとっては余計な配慮のない前作は痛快だったはず。その続編である本作では、女性の登場人物が重要となる。はっきり言って本作では男性キャラはどれも似たようなカブトムシのお腹の持ち主ばかりで大して印象に残らず、最も印象的なのはギリシャに復讐を誓ったペルシア軍の女性司令官アルテミシアを演じたエヴァ・グリーンだった。実のところ、本作は女性を虐げてきた野郎社会に復讐する女性映画なのだ。

20140623220853.jpg
このふてぶてしさを見よ!
300-Rise_of_an_Empire-Sullivan_Stapleton-Eva_Green.jpg
この画に燃えないやつはアルテミシア様に殺されてしまえ!

とにかくカリスマ性とドSっぷりと野蛮さが素晴らしい。首狩りで戦功を報告する場面や野郎どもを二刀流で屠っていくシーンの熱さといったらもう(笑)

野郎を徹底的に叩きのめすアルテミシアにとってはセックスすらも戦いというのが爆笑だった。どういうことなのかは実際に見てほしいが、上位を巡ってのバトルは必見の迷シーン。

続編がありそうなので、次はスクリーンで確実に見たいところ。

スポンサードリンク


コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット

トラックバック